タクシー運転手は若者にもできるの?

岡山県では2種免許を取得でき、ある程度土地勘があればタクシードライバーになれますが、地方という土地柄、若者の参入のしにくさを考えると岡山県で若者がタクシードライバーをするのは簡単ではなさそうです。

 

岡山県での働きやすさ

岡山県には平成27年の段階で約192万人の人口がおり、男性約92万人、女性約100万人という比率で女性の方が若干多く人口比は一般的です。平成29年における外国人の人数は約2万3千人とそこまで人口に対しての外国人の割合は多くはありません。

 

観光客が訪れるとしても主に国内からの観光客が多く、英語や中国語、韓国語はそこまで必要とされないでしょう。また、高齢化が進んでいる地域でもあり、若者への負担と風当たりは強く、タクシードライバーとして働くには環境は十分に整っているとはいえません。

 

経験重視、年功序列な社会感覚がまだ残っているため、タクシードライバーとして結果を出していって、確実に認めてもらうのは10年、20年と勤務する必要がありそうです。しかし、若い方のタクシードライバーが少ない分、フレッシュな元気さを求めている会社は多いため、働き口がないわけではありません。

 

2種免許取得の条件

タクシードライバーになるために絶対に必要な免許として、2種免許があります。この2種免許は1種免許を取得してから3年以上経過している21歳以上の方でないと取得できないため、実質21歳から22歳以上の方でないとタクシードライバーにはなれません。

 

1種免許の取得費用がだいたい25万円ほどなのに対し、2種免許も同じくらいの取得費用がかかるため、負担はかなり大きく、若者の自己負担で取得するのは大変でしょう。

 

また、タクシードライバーにはお客さんを安全に運ぶだけでなく、お客さんとのトークや道案内などをするスキルが求められるため、免許以外にも複数の能力が求められることになります。

 

道を覚える必要がある

タクシードライバーとして働くには、その土地の道路事情、土地勘を最低限把握しておく必要があります。

 

車に乗り始めてから2年、3年程度では地域の道をすべて把握するのは難しく、カーナビの扱いができてもある程度道を理解していないと運転だけで精一杯になってしまいます。

 

お客さんから話しかけられることもあるため、運転に集中しすぎてお客さんの言葉を無視しないようにする注意力や気遣いも求められます。

 

お客さんに不快に思われず、きちんと満足してもらえるように仕事をする必要があるため、そうしたスキルが既に備わっている方は若者でもタクシードライバーの仕事はできるでしょう。

関連ページ

お客さんを拾いやすいのはどこ?
岡山県でタクシードライバーがお客さんを見つけやすいのは岡山駅周辺や倉敷駅周辺など交通量、人の流れの多い場所です。配車連絡や病院間の移動、介護タクシーなどもありますが、駅周りの需要は特に多いです。
タクシー運転手は中高年でも働ける
一部の仕事は一定の年齢を超えると就職するのが難しくなりますが、中年以降でも就職しやすいタクシードライバーの仕事は中高年の方々にもおすすめの仕事です。
どんな事故が最も多い?
岡山県で起きている交通事故の種類や件数を把握し、タクシードライバーとして安全に運行するための参考にしましょう。岡山県内での死亡事故件数は平成29年末時点で94件、総事故件数約5万7千件に対し、物損事故が約5万件あります。
ドライバーが持っていると良いスキルや資格
岡山県のタクシードライバーに求められているのは、その地域柄、介護タクシーや子育てタクシーなどで、介護、育児に関係するスキルが有ると働き方も幅が広がって売上も伸ばしやすいでしょう。
未経験で働く場合の転職の流れ
タクシー業界は人材不足が著しいため、未経験者でも仕事をしてくれる人を多く募集しています。未経験でタクシードライバーを目指す場合は、採用されやすい可能性がありますが、スキルアップなどもしておくとより働きやすくなるでしょう。
タクシードライバーのデメリットと仕事で大変なこと
岡山県でタクシードライバーをする場合には、その地域性や道の特徴、働き方の事を把握しておく必要があります。地方ではタクシードライバーの仕事も働きにくい場合があるので、転職前にデメリットも把握して対策しておきましょう。
地域における運転マナーの特徴とクセ
岡山県も高齢化が進んでおり、運転マナーはそこまで悪くはないにしろ、物損事故が非常に多いです。運転マナーが悪いというよりは、車両の操作がうまく行かなかったり、狭い道でぶつかったりする可能性があるため気をつけましょう。
転職に失敗しないための教訓と注意点
岡山県内でタクシードライバーとして転職する時には、失敗しないように経験があることをアピールできるのが理想的です。運転免許の色や、運送業、人を乗せて移動する仕事をしていた経験があればより採用されやすくなります。
タクシー転職のための履歴書・書類作成のコツ
タクシー転職するときにも履歴書やエントリーシートに似たような書類を用意する必要が有るため、効率的に提出できるようにパソコンで作成しておくと印刷や記載することが楽になります。
酔った客を乗せる時の注意点
タクシーの仕事をしているとどうしてもお酒を飲んでいる人を乗せる事があります。乗客を乗せる前に吐かれないかどうか確かめて、安全に運転できるようにしておきましょう。
タクシー運転手が1日に稼げる平均金額
岡山県でタクシードライバーとして稼げる金額は歩合給の結果次第になりますが、固定給や歩合給の割合などは基本的に同じで、固定給は約17万円、歩合給は売上の約6割が収入にできます。
タクシー会社の給与体系や待遇の基礎知識
岡山県でタクシードライバーをするときにも給与体系や待遇、福利厚生などをしっかり確認しましょう。できればあったほうが良い条件なども把握しておけば転職に失敗する可能性も減らせるでしょう。
タクシー運転手の1日の仕事の流れ
タクシーの仕事をする時の1日の流れを把握しておけば、転職前から生活スタイルを変えて、早く職場に慣れられるようにできるでしょう。勤務体系ごとにどんな仕事の流れになるか把握できるよう、事前に働き方を知っておきましょう。
女性でもできるタクシー運転手の仕事とそのメリット
岡山県で女性がタクシードライバーになるチャンスは十分あります。きちんと岡山県内の需要を把握して、ニーズに応えられるように働ければ売上もきちんとアップさせられるでしょう。