岡山でチェックすべき医療機関や病院の採用と評判 タクシー求人「岡山県」

岡山でチェックすべき医療機関や病院

岡山県岡山市には大きい病院がいくつかあり、こうした医療機関の場所と大きい道からのアクセスは把握しておいたほうが良いでしょう。

 

カーナビなどに事前にルートを設定しておけば仕事もしやすくなります。

 

独立行政法人国立病院機構岡山医療センター

夜間診療がある地域でも大きい病院で、急患や夜間の容態急変などで救急車が出入りすることも多い病院です。

 

患者の家族や関係者、治療のために訪れる方がタクシーを利用する可能性が高く、場所を把握しておくことをおすすめします。近くにある薬局や処方箋を出してもらえる薬局を把握しておけばなお良いでしょう。山陽自動車道や、53号線が近くにある大きい道路ですが、時間帯によっては混雑するため、裏道をあえて通る必要がある場合があります。

 

一方通行やすれ違い通行をしないでスムーズにこの病院に行けるようにしておきましょう。

 

川崎医科大学総合医療センター

こちらも岡山市内で比較的大きい病院で、岡山駅からのアクセス、周辺の格子状の道において最も早く着けるコースを把握していれば魅力的です。周辺には観光スポットもあるので、まずはこちらの病院を中心とした半径1km県内のマップを把握すれば仕事を受けやすくなるでしょう。

 

この医療機関の周辺には産婦人科クリニックや整形外科病院などもあるので、そちらも合わせてカーナビに登録しておくとよいです。

 

岡山大学病院

岡山大学医学部に併設されている大学病院で、こちらでしか治療対応できない方もいるため覚えておくと良いでしょう。旭川を挟んで移動する場合には、渡れる道が決まっているので、最短コースをしっかり把握しておきましょう。

 

時間帯ごとの混雑状況の違いも早めに把握して、スムーズにたどり着けるようにしましょう。患者だけでなく、入院患者の家族や大学生の利用がある可能性もあり、医学部生がタクシーを利用することも、大学教授が利用することもあるため、意外とタクシードライバーにはおすすめのスポットです。

 

岡山協立病院

旭川、岡山駅東にあり、中学校や高等学校、保育園がある地域にある病院で、地域の方々にとっては欠かせない医療機関です。

 

こちらも、患者さん自身で利用される以外に、タクシーを頼ってくれる方が多いため、覚えておいて損はないです。駅からは少し距離があるため、最短コースを把握しておくのはドライバーとしての責務でしょう。こうした医療機関への行き方は是非早めに把握しておいてください。