未経験で働く場合の転職の流れの採用と評判 タクシー求人「岡山県」

未経験で働く場合の転職の流れ

タクシー業界は人材不足が著しいため、未経験者でも仕事をしてくれる人を多く募集しています。

 

未経験でタクシードライバーを目指す場合は、採用されやすい可能性がありますが、スキルアップなどもしておくとより働きやすくなるでしょう。

 

タクシードライバーに求められるスキル

タクシードライバーには運転スキルと接客スキルが求められます。ドライバーになるのに必ず2種免許が必要ですが、その2種免許の取得には1種免許を取得しておく必要があります。

 

タクシードライバーになるには他に1種免許を取得してから3年以上経過していることも条件となるため、未経験で勤務する方は、先に資格や免許に不足がないか確かめましょう。2種免許取得費用はタクシー会社が負担してくれる場合もありますが、個人で2種免許を取得してしまうのも良いでしょう。

 

会社に迷惑をかけたくない場合や、2種免許取得費用を負担してくれた会社に長くいられるかどうか分からない場合は、個人で免許を取得していたほうが引け目を感じずに仕事ができるでしょう。

 

土地や道の情報だけは把握しておこう

タクシードライバーは、その勤務地で乗客を希望する場所まで運ばないといけません。カーナビがついている車両がほとんどになっていますが、道をきちんと把握していればスムーズに走行することができて、お客さんにも満足してもらいやすくなります。

 

カーナビやGPSがついていれば、事務所がそれぞれの車両の位置を把握できる可能性もあるため、ドライバーの勤怠管理や万が一道がわからない時にはサポートしてもらえるかもしれません。

 

道に迷子になるようではお客さんの信頼も落ちてしまうので、せめて乗客が生きたがることの多いランドマークや病院、公共施設、商業施設は仕事を始める前に把握しておくことをおすすめします。

 

未経験で転職する方法

転職する時の流れは他業種他社の転職でもやることは同じです。転職サイトなどで求人に応募しても、結局は会社に直接訪れて、担当の方と面接をしたり、話をしたりして転職がいつ出来るか相談していきます。

 

採用にあたって試験がある場合も多いため、しっかりそういった試験も受けて転職がスムーズに行くようにしましょう。履歴書などは事前提出、または、当日に提出する場合があるため、会社ごとに合わせて手続きをしましょう。

 

タクシー会社だからと言って転職の流れが異なるということはほとんど無いので、書類の用意や当日の面接対策などをしつつ、車の運転などに関する経験やスキルをアピールできるようにしておきましょう。