転職に失敗しないための教訓と注意点の採用と評判 タクシー求人「岡山県」

転職に失敗しないための教訓と注意点

岡山県内でタクシードライバーとして転職する時には、失敗しないように経験があることをアピールできるのが理想的です。

 

運転免許の色や、運送業、人を乗せて移動する仕事をしていた経験があればより採用されやすくなります。

 

会社の求めていることを知ろう

近年の運送業全般的に人材不足が問題となっており、タクシー運送業でもその影響が出ています。

 

離職率は他の業種とあまり変わらないですが、人材不足なために人の流れが多い時にはタクシーが足りずに駅でタクシーを待つ行列ができてしまうこともあります。

 

だからといって、誰でもできる仕事ではないのがタクシーの仕事で、2種免許の取得、道の把握や安全運転のスキルなど求められることは多いです。

 

そのため、転職を考えている会社がとにかく人材不足を補いたいのか、介護タクシーや子育てタクシー、観光タクシーなどの事業拡大をしたいのか理解して仕事を行うと良いでしょう。

 

会社が期待していることをサポートできれば転職の成功率もアップします。

 

履歴書は事前に作っておこう

タクシー会社に提出する履歴書は転職を決定する前から作っておいたほうが良いです。手書きでもパソコンで制作しても問題はなく、経歴、職歴、資格、実績を記載できれば転職はより手軽にできるようになります。

 

ぎりぎりになってから履歴書を提出するよりはすぐに提出できたほうが採用されるまでも早くなります。この履歴書の提出タイミングと会社側からの返答の速度でどの程度切羽詰まって人材を求めているか、面接や採用試験を行うのに人材を避けるほどの余裕はあるかなど、会社のモラルや常識をチェックすることも出来ます。

 

パソコンで作れば、変化することのない職歴や学歴、経歴はいちいち書かずに済み、資格が増えた場合にも追記しやすいのでパソコンで履歴書を作っておいたほうが便利でしょう。

 

電話とメールを駆使しよう

タクシー会社でも電子化の動きは加速しており、すべての連絡を電話で行うのではなく、メールや転職サイトなども合わせて活用すると良いでしょう。

 

特に、転職サイトには求人情報が素早く掲載され、掲載が終了した求人はすぐに消されていくため、ハローワークに比べると扱いやすいです。オンライン上で自宅からアピールできるのも魅力的で、早く仕事を見つけたい方は転職サイトの利用も考えてみてください。

 

転職サイトを利用できている会社ならばある程度新しい社会情報にもアンテナが立っている可能性が高く、入社後の対応や待遇、福利厚生も充実している可能性があります。電話とメールは最低限利用できるようにしておき、スピーディーにやりとりできるよう工夫しましょう。