タクシー運転手の1日の仕事の流れの採用と評判 タクシー求人「岡山県」

タクシー運転手の1日の仕事の流れ

タクシーの仕事をする時の1日の流れを把握しておけば、転職前から生活スタイルを変えて、早く職場に慣れられるようにできるでしょう。

 

勤務体系ごとにどんな仕事の流れになるか把握できるよう、事前に働き方を知っておきましょう。

 

だいたいの1日の流れ

タクシー会社では、出社後にアルコール検査や車両の安全点検を行い、問題なければ出庫して仕事をスタートします。

 

その後、乗務中は自由に働いて、駅待機、無線配車などもこなしながら売上を伸ばしていきます。この時の働き方はかなり自由なので初心者のうちは自由度が高すぎて働き方に慣れるのが大変かもしれません。

 

適度に休憩をはさみながら仕事を終えたあとは、会社に戻って点呼を取り、1日の売上を事務所に渡して最後に点検、クリーニングなどをして仕事を終えます。

 

日勤の場合は朝8時位に出社、夜勤の場合は夕方出社で会社によって差があります。休憩時間は安全運転の要になるため、1時間から3時間、適度に取ることが望ましいとされています。休みすぎれば売上がないため、収入にならずサボってばかりいても会社の赤字になるのでいずれは辞めさせられてしまいます。

 

なかなか稼げない日も稼げる日もあるので、真面目に働いていれば問題はないです。

 

隔日勤務は大変?

隔日勤務は、タクシー会社としては、タクシードライバーに一番選んで欲しい働き方です。

 

この働き方をしてくれたほうがメンテナンスや整備の手間が減り、ひとりの会社員あたりの売上も伸びるため、会社の利益につながりやすくなります。

 

駅や無線配車をするときにも確実に動ける人がいるほうが会社としてもサービスを充実させられるので、転職でタクシー会社に入る方は確実勤務をするつもりでそのスタイルに慣れられるように心がけましょう。

 

労働時間が長く休憩を自由に取れるとしても最初のうちは疲れてしまうので少しずつ慣らしながら働けるような融通の効く会社を選ぶと理想的です。

 

アルコールには気をつけよう

1日の最初にアルコール検査や車両点検があるため、仕事のある前の日にはちょっとしたお菓子に入っているものでもお酒は摂取しないようにしましょう。

 

かなり検査が厳しいため、お酒入りの食事・和食、飲酒は控えめにしていたほうが良いです。この1日のはじめのアルコールチェックに引っかかるとその時点では勤務できないので日勤が夜勤に切り替わったり、別の日に勤務に入らないといけなくなったりします。

 

勤務日数やシフトを変えたくない方は、アルコールの飲み方や生活スタイルも変えてしっかり働きに入れるようにしておきましょう。