タクシードライバーのデメリットと仕事で大変なことの採用と評判 タクシー求人「岡山県」

タクシードライバーのデメリットと仕事で大変なこと

岡山県でタクシードライバーをする場合には、その地域性や道の特徴、働き方の事を把握しておく必要があります。

 

地方ではタクシードライバーの仕事も働きにくい場合があるので、転職前にデメリットも把握して対策しておきましょう。

 

勤務時間と報酬について

タクシードライバーの働き方は主に3つあり、日勤、夜勤、隔日勤務のどれかから選ぶことになります。

 

この勤務形態は1カ月ずっと同じになることもあれば、地域のお祭やイベントによっては勤務時間外の労働をお願いされることもあります。日勤は、一般的なサラリーマンと同じような日中の勤務、夜勤は夕方から夜にかけて、隔日勤務は10時間から20時間勤務をしてから明け休みを取って、次の日に再度休み、その後また働くという3日に1回働くというスタイルで勤務することになります。

 

この隔日勤務が最も利益を出しやすいですが、固定給はそこまで変わらず、歩合給はガッツリ稼ぎ出せます。労働時間がかなり長くなるのが隔日勤務のデメリットですが、収入は大きくなるため、生活スタイルを変えて隔日勤務も出来るようにしましょう。

 

仕事に駆り出されることもある

タクシードライバーはそれぞれにシフトを決めて働き、二車三制という3人で2つの車両を稼働させていくというスタイルが一般的です。そのため、あなた以外の他の2人が仕事に出られないような状態になったり、インフルエンザやシフト変更の影響でシフトが変われば、動ける人が仕事に出ないといけなくなる可能性もあります。

 

また、必然的に人の流れが多くなり、タクシーの配車連絡が多くなることがわかっているお祭り、地域のイベント、金曜日の夜などは短い時間だけタクシーの仕事を手伝ってほしいと頼まれることもあるようです。事前にそうした時期があることを覚えておき、書き入れ時という感覚で準備だけは整えておくのが良いでしょう。

 

接客が意外と大変

タクシー運転手になったばかりの方にとって、運転しながらお客さんとお話するのは難しいものです。

 

ドライバーが自分の話をするだけならばましですが、お客さんの話を聞いて合わせたり、観光スポットの紹介や場所の説明などをしていると運転が疎かになってしまうこともあります。

 

安全運転が最優先ですが、研修中や仕事に慣れきっていないうちは接客部分にサービス不足が生じる可能性があるため、ある程度コミュニケーションスキルと運転スキルが求められます。

 

こうした部分はどんなタクシードライバーも一度は大変だと感じることなので、事前に覚悟をしておきましょう。