タクシー運転手は中高年でも働けるの採用と評判 タクシー求人「岡山県」

タクシー運転手は中高年でも働ける

一部の仕事は一定の年齢を超えると就職するのが難しくなりますが、中年以降でも就職しやすいタクシードライバーの仕事は中高年の方々にもおすすめの仕事です。

 

 

肉体労働ではなく働きやすい

タクシードライバーの仕事はそこまで重労働ではなく、建設現場などで重い荷物を持ち続けたり、繊細な操作が求められる工場の仕事とも異なります。

 

車の運転と最低限の接客ができれば基本的に誰にでもできる仕事で、中高年の方でもお客さんに嫌がられないような人相、外見をしていればそこまで就職に困ることはありません。

 

タクシードライバーの仕事は公共交通機関のひとつとしてのタクシーの運転手として働くため、顔に大きい傷があったり、あまりにも目つきが悪かったりするとタクシー会社に採用してもらえない可能性があります。これはお客さん目線で見て仕方がないことですが、多くの方は最低限笑顔で接客できるはずですので、中高年でも働けないということはありません。

 

体臭と加齢臭には注意しよう

タクシー車内に常にいる運転手、一期一会でしかそのタクシーに乗らないお客さんという構図から、運転手の体臭や加齢臭がきついと仕事と会社へのイメージに損失がある場合があります。

 

加齢臭がきつすぎると感じるお客さんが多いと、そのタクシー会社を利用してもらえなかったり、イメージを余計に損ねたりすることがありますので、エチケットとしてにおいや車内の清潔さには気を配っておきましょう。

 

また、接客業になるため、アルコール摂取、にんにく、にらなどの匂いの強い食生活は避けたほうがよく、ドライバーとしてある程度制約を受けてしまうということも理解しておきましょう。

 

必要な免許は2種免許

中高年でも2種免許がないとタクシードライバーにはなれません。

 

1週間から2週間ほどあれば2種免許は取得できますが、適性などもチェックされるため、1種免許を取得してから3年以上経過していて、ゴールド免許であると理想的です。

 

また、大勢の人を乗せたり、人の流れの多い場所にいることが多いことから、救急救命講習を修了しておく必要もある場合があります。

 

タクシードライバーとして、取得しておくと良い資格、持っていると良いスキルは多いため、積極的にスキルアップしておくことをおすすめします。

 

特に運転の技術、お客さんとお話しながらの運転、安全運転のための指差し確認の励行など、個人で注意して取り組めることは多いので、ドライバーになってからも気を抜かないようにし、適度に休憩を取りながら仕事をするようにしてください。